リニューアルした新Soundcloudの主な変更点と追加機能まとめ


リニューアルしたSoundCloud

SoundCloudがバージョンアップして早くも2ヶ月がたとうとしていますが、
未だに使い方がわからなくて困っているという方や、
早急にバージョンアップ前に戻してくれ!なんていう方も多いのでは?

私もそう思っていたのですが実は全然そんなことありませんでした。
追加された機能さえ理解してしまえば超カンタン!
便利な機能がたくさん追加されて、よりおもしろいサービスとなっています。
というわけで主な変更点と追加機能を簡単に説明してみようと思います。

変更点は主に以下の4点です。
それでは順番に説明していきましょう!

  1. Repost(再投稿)機能
  2. 連続再生機能
  3. リアルタイム通知機能
  4. Add to set機能

Repost(再投稿)機能

SoundCloudのRepost(再投稿)機能

Repostボタンをおすと自分とフォロワーのStreamにその楽曲が表示されます。
ツイッターでいうリツイートみたいなものですね。
タンブラーでいうリブログみたいな感じです。
かっこいい楽曲を見つけた時なんかにRepostすれば、
フォロワーのみんなに知らせることができるので便利です。

ただ、あまりこれをやりすぎるとフォロワーのストリームが埋まってしまうので、
ウザいやつだと思われる可能性も秘めているように感じます。

連続再生機能

この機能によって楽曲を再生しながら検索などの違う作業が行えるようになりました。
ページを移っても再生中の音楽がとまらないので便利です。
どこのページにいても右上の波形ボタンをおすと再生中の楽曲ページに戻れるのも便利。

SoundCloudの連続再生機能

違う楽曲を再生すると再生中の楽曲はとまり新しい曲がスタートします。
すぐに音楽を止めたい場合は右上のスピーカーマークをクリックしましょう。

SoundCloudの連続再生を停止するボタン

リアルタイム通知機能

自分のアカウントに対し「follow」「like」「reposts」「comment」などのアクションがあると、
リアルタイムで通知してくれるようになりました。
アクションがあると丸でかこんだ部分がピコーン!となります。

SoundCloudのリアルタイム通知機能

自分がアクションを行った場合も相手にリアルタイムで通知されます。
更新ボタンを押す必要がなくなった分ちょっと便利になりました。

Add to set機能

これが今回のバージョンアップで一番便利な機能だと思います。
名前のとおり楽曲をセットとしてまとめることができる機能です。
セットはいくつも作成が可能。
それぞれのセットに名前をつけることができるので、
ジャンルごとにセットを作成して楽曲をまとめたり、
月別にセットを作成して楽曲を管理することができます。

SoundCloudのAdd to set機能

セットを再生すると追加した曲がぶっとおしで流れるので、
SoundCloud上で簡易MixTapeをつくることもできちゃいます。
EditSoundsボタンを押せば、セットに追加した曲を削除したり曲順を変更することも可能。

SoundCloudのAdd to set機能でMIXを作成

デフォルトではセットを作成すると自分とフォロワーのStreamに自動で表示されます。
セットをフォロワーに公開せずに自分だけで楽しみたい場合は、
ペンマークのボタンを押して詳細設定ページよりPrivateモードに設定する必要があります。

SoundCloudのAdd to setの詳細を変更

SoundCloudのセットをプライベートモードに

いかがでしたでしょうか?
バージョンアップによってSoundCloudから離れていた人も、
新譜でもチェックしてみっか!って気分になったのではないでしょうか?

ページトップへ