オンラインで購入した音楽には不正防止用にユーザー情報が埋め込まれている!?


オンラインで購入した音楽には不正共有防止用にユーザー情報が埋め込まれている!?

iTunesStoreやAmazonなどのオンラインミュージックショップで音楽データを購入されたことはありますか?いつでもどこでも手軽に音源を購入できちゃうのでこれらのサービスを活用されている方は多いと思います。しかしオンラインミュージックショップで購入した音楽データにはアカウントIDやユーザ名など私達のユーザー情報が埋め込まれていることをご存知でしょうか?

これはP2Pやファイル転送サービスなどを使用した不正共有を防ぐために行われている対策なのだそうですが、万が一、音楽データの入った端末を紛失してしまったら私達のユーザー情報はどうなるのでしょうか?不正利用される可能性はないのでしょうか?

そこで「Desiccate」というツールを使用し、音楽データに埋め込まれたユーザー情報を削除する方法が以下サイトにて説明されていたのでご紹介。セキュリティ対策に敏感な方は是非チェックしてみて下さい。

■iTunesやAmazonで購入した音楽ファイルに埋め込まれたユーザー情報を削除するツール
http://www.lifehacker.jp/2013/04/130429desiccate_music.html

ページトップへ